看護師 転職 求人 人手不足 事情

今、看護師は人手不足!

今、看護師は圧倒的に不足しています!
これからの高齢化社会に向けて
2025年までに200万人の看護師が必要!
でも今看護師は
147万人しかいない!
毎年3万人づつ増えていますが、全然足りません。

なぜ人手不足なのか?

職場にもよりますが、看護師は夜勤があることに加え残業が多い。
不規則な勤務時間で肉体的にも厳しいだけでなく、プライベートな時間も限られ精神的にも厳しい勤務状況です。
また、子供がいても託児施設等の環境が整っていないので、仕事を続けることができない。
他、様々な理由があると思いますが、問題は労働環境によるものが多いようです。

看護師は何人いる?

現在、全国には147万人の看護師がいると言われています。
そして毎年3万人のペースで増加していると言われています。
このように聞いても数字にピンときませんが、現在の人数が多いのか少ないのか?
答えは「少ない」です。

看護師は何人必要?

高齢化社会を迎える日本において、必要とされる人数を厚生労働省が2010年に発表しています。
その人数は「2025年に200万人」と試算しています。
毎年3万人の看護師が増えているとのことですが、試算している人数には足りません。
そして、人数は増えているかもしれませんが、あくまでも増えているのは新人の看護師です。
それに対して、辞めていってるのはベテランの看護師です。
環境を整備して、辞めないようにすることが今後の課題と言えるでしょう。

看護師の給料はいくら?

平成24年度の看護師の平均年収は471万円です。

 

平均年収:471万円
平均月収:33万円
平均時給:1,969円
年間ボーナス等:84万円
平均年齢:34.6歳
平均勤続年数:6.0年
復元労働者数:43,150人
総労働時間:167時間/月
男性平均年収:488万円
女性平均年収:470万円
男性割合:7.3%
女性割合:92.7%

有利な転職情報はある?

需要と供給のバランスで考えると、圧倒的に供給が不足している状況です。
それだけでなく、年々増えているのは新人の看護師であって、ベテランは離職している状況です。
施設側としては、新人よりも即戦力となるベテランを採用したい。
ベテランの採用については、正にのどから手が出るほどではないでしょうか。
そのような売手市場ですから、好条件の求人がそろっていて、しかも自分の要望に沿った条件に絞ることも可能でしょう。

看護師は人手不足?看護師の転職や求人の事情 ご利用について

世間の人は、看護師の仕事がどのような仕事なのか知っているのだろうか?
看護師に接するとしたら病院に行けばいいが、入院すればなんとなく1日の流れもわかるだろうけど、通院した程度ではよくわからないだろう。
テレビドラマで取り上げられたりして、シリアスに描かれているものもあれば、コミカルに描かれているものもある。
ただ、いずれにしても仕事の内容を詳しく紹介するようなものではない。
実情はわからないとしても、イメージとしてはどうか?
「忙しそう」「大変そう」そんなイメージでしょうか?
どうやらそのとおりのようです。
とにかく看護師は人手不足で、今いる人員だけで人手不足の分も補わなくてはいけない。
それでなくても夜勤があったりで大変なのに、残業もあたりまえのようにするようです。
そんな人手不足が叫ばれる看護師の現状ですが、実際はどうなんでしょうか?
今現在、看護師は何人いるのか?
人手不足と言われて久しいが、なぜ慢性的に人手不足なのか?
看護師は、何人くらい必要なのか?
看護師はどれくらい給料をもらっているのか?
そんなに看護師が人手不足なら、有利な転職情報はあるのか?
転職を考える看護師なら知っておきたい、転職や求人の事情を探ってみたいと思います。

実際に転職したいと考え、求人を探したいので、求人の口コミを確認したいという方は、好条件で高待遇、高収入な優良求人を多数保有し、転職が成功すると祝い金を支給する看護師転職サイトが紹介されているサイトを確認するといいでしょう。
また、看護師の仕事がきつい、自分の時間が取れないから辞めたいと考えている方は、夜勤だけの勤務やアルバイトまたは派遣といった勤務形態もありますので、検討してはいかがでしょうか。