キラーカーン

モンゴル人ギミックのキラーカーンとして、一躍その名を馳せた。
そんな彼は、元々は大相撲の出身だと言う。

あの長身から繰り出される迫力ある技の数々はインパクト大だ。

新日の印象が強いのだが、全日に移籍した事もあり、また87年頃からはWWFにも上がっていた様だ。

そこでホーガンと抗争したり、サベージやビガロとも対戦したらしい。

その頃の映像を是非見てみたいと思った。

キラーカーンの一番有名な試合は、やはりアンドレの足を折った(様に見せた)試合だろう。
ミスター高橋の本にあった、アンドレが足を負傷した際にそれを客に悟られない様にとっさの判断で蹴りまくり、トップロープからニーを落とした事により、アンドレが彼を高く評価。その後もアンドレ戦は信頼関係のある好勝負となった。

引退後は飲食店の店主として、気さくに客対応をしているキラーカーン。
素晴らしい試合の数々を残してくださり、本当に有難うございました。

http://www.flwlightscreens.com/