怪覆面X

長州がジャパンプロレス入りし、最初の試合はなかなか相手が決まらなく、若手の新倉を相手にエキシビジョンマッチをやる予定だった。

ところが、そこにS・Sマシンそっくりの出で立ちをしたマスクマンが登場。

急きょ対戦となる。

しかしわずか95秒で、あっさり長州の勝利。

この怪覆面Xの正体は、渕らしい。

ジャイアント馬場が、ジャパンプロに渕を貸し出した様だ。

馬場と長州の関係というのも気になるが、馬場の当時は新日への当てつけみたいなところもあっただろう。