スマホの熱中症に注意

人間の熱中症は気温と湿度の高い環境下で体温の放熱が追いつかず、各種の機能障害を引き起こす危険な状況を指す。
近年はスマホにもトラブル、故障、寿命の低下などにつながる熱中症の恐れがあるという。
スマホ本体が「熱い」と感じる状態で使い続毛ている人も多いのではないだろうか?すぐに故障には至らなくても、高温のまま使用を続けると内部の部品が劣化して、寿命を縮めてしまう原因になる。これが「スマホの熱中症」だ。
最近はスマホが高機能化し、メール、ゲーム、動画視聴、ナビなどあらゆる用途に使用している人も多いだろう。また高機能化が進むなか、薄型化も進んでいる。内部には部品が所狭しと凝縮され、CPUをはじめとする電子部品が発生した熱を逃がせるスペースがない。また、防水の観点から通風口もない。近年の高機能化と薄型化がスマホの熱中症を引き起こしやすくしているのだ。
スマホの熱中症の対策としては、スマホが熱くなったらカバーを外すなどして温度を下げること、一度使用を中断して休ませることが重要。注意しないといけないのはすぐに冷やしたいからと言って氷などで冷やしたりしないこと。氷で冷やそうとすると、スマホ内部に結露が生じ故障の原因となる場合がある。スマホを長く使うためにも適度な使用を心がけることが大切だ。