ドラクエが40万人動員ツアー

今年誕生30周年を迎える人気ゲームシリーズ『ドラゴンクエスト』が今夏、ゲームの枠を飛び越えた全国5大アリーナをめぐる超大型エンターテインメントショー『ドラゴンクレスト ライブスペクタクルツアー』を開催することが20日、都内で行われた会見で発表されたそうだ。”日本初のオリジナルアリーナショー”として、全国5都市で40万人を動員予定。主人公である勇者、盛り上げ役のトルネコは後日オーディションで選ぶそうだ。
ショーのベースは、社会現象を巻き起こした『ドラゴンクエスト3 そして伝説へ…』。魔王討伐に挑む伝説の勇者を中心に、他のナンバリングタイトルの人気キャラクターからおてんば王女の武闘家アリーナ、孤高の剣士テリー、元山賊ヤンガス、放浪の芸人パノンが参戦決定。各々が”ワケあって”『3』の世界に迷い込んだという設定だそうだ。関係者によると、他にもおなじみのキャラがシリーズの垣根を超えて多数登場するという。
巨大なアリーナ会場をキャンバスに、最新映像テクノロジーや世界トップパフォーマーの身体芸術、すぎやまこういち氏の音楽を全国の高校から選抜された強豪マーチングバンドが演奏するなど、さまざまなパフォーマンスが融合。ゲームの世界に飛び込んだかのような空間に加え、「観客自身が主人公だと感じられる演出を駆使した日本では新感覚となる観客参加型ライブエンターテインメント」となるという。
一足早くプロモーション映像も公開され、シリーズ生みの親でもあるゲームデザイナー堀井雄二氏は「僕自身も早く観てみたい。打ち合わせの時よりもよくなっているみたいだし、楽しみにしています」と満面の笑み。
同公演は7月22日~31日のさいたまスーパーアリーナを皮切りに、8月5日~7日にマリンメッセ福岡、12日~14日に名古屋・日本ガイシホール、18日~22日に大阪城ホール、26日~31日に横浜アリーナと、全国5都市39公演で約40万人を動員予定とのこと。一体どんなイベントになるのか楽しみだ。