死亡事故も、危険な歩きスマホ

歩きながらスマートフォンの画面を見たり操作したりする「歩きスマホ」が原因の事故が絶えないそうだ。人で混雑する場所での衝突や駅のホームからの転落事故…。消防や鉄道会社、携帯電話会社が注意を呼びかけ続けているが、今月13日には電車にはねられ死亡する事故も発生してしまった。
東京都品川区にあるりんかい線天王洲アイル駅。13日朝、都内の大学に通う20代女性がホームから転落し、走行中の電車にはねられ亡くなったという。警視庁品川署によると、女性はスマホの画面を見ながらホームを横切るように歩いていたそうだ。耳にはイヤホンを付けていたという。
2002年に全線開通したりんかい線でホーム内の事故はこれが2件目だったそうだ。事故を受け、列車を運行する東京臨海高速鉄道は線内7駅のホームに「歩きスマホ 大変危険です」と注意を促すB2判のポスター計28枚を掲示。これまでもホームや車内のアナウンスで注意を促していたが、同社担当者は「痛ましい事故を起こさないために引き続き周知していく」と話しているという。
東京消防庁によると、15年までの5年間に携帯電話やスマホに絡む事故で救急搬送された人は172人。最多は15年の42人だったそうだ。
このうち駅のホームから転落する事故は11年3人、12年1人、13年4人、14年0人、15年5人だったという。13年には小学5年生の男児が携帯電話を見ながらホームから落ち、顔などにけがをする自己があったそうだ。
歩きスマホによる事故は海外でも問題になっている。ひとりひとりが注意して、くれぐれも事故のないようにしてもらいたいものだ。

任天堂が映画事業参入!

日本のゲーム会社の大手である任天堂。マリオやドンキーコング、ポケモンといったキャラクター性豊かなゲームが人気で、家族で楽しめるゲームが多く世界的に人気がある。
この任天堂が、映画事業参入の動きを見せているという。世界の複数の制作会社と、映画の提携交渉を進めているそうだ。キャラクタービジネスを強化することでゲーム人口の増加を狙う目的だという。
任天堂のキャラクターで映画が製作されたことは過去にもあったが、今まではキャラクター使用権を制作会社が任天堂から購入するかたちだった。
君島達己社長は、朝日新聞の単独インタビューに「できるだけ自分たちでやっていきたい」と答えたという。
発信地は日本だけでなく世界市場で、2~3年後には記念すべき1作目の完成を目指す。また、家庭向けビデオ作品を販売するという、映画以外の映像事業も世界で広げていく見通しだそうだ。
ゲームキャラクターの出る映画というと、最近では「ピクセル」が良い例だ。これからの発表を期待したい。

猫ひろし カンボジア大会優勝

カンボジア国籍を取得をし、同国代表として今夏のリオデジャネイロ五輪出場を目指している、タレントでお笑い原因の・猫ひろしが5月8日、カンボジアで行われた、リオ五輪の「カンボジア代表選考大会」のマラソン競技で優勝した。
リオ五輪出場の可否は、カンボジア五輪委員会の最終結論待ちとなった。五輪代表は、今回大会の結果・記録と、これまでの実績などによって判断されます。
猫ひろしは「1位でゴールできて安心しました。今までたくさん練習してきたので、結果が出てうれしいです」とコメントした。
猫ひろしは、2月にカンボジア代表として東京マラソンに出場し、カンボジア人選手としてシーズン最高タイムを記録したほか、この4年間、国内外の大会に出場し、カンボジア選手1位の記録を堅守してきた。
猫は2011年10月にカンボジア国籍を取得し、同国代表として12年・ロンドン五輪を目指した。一度は代表に選出されたが、国籍取得から短期間であったため、国際陸上競技連盟が「参加資格なし」と判断しました。そして、猫じろしは改めて2016年・リオ五輪出場を目指しています。