任天堂が映画事業参入!

日本のゲーム会社の大手である任天堂。マリオやドンキーコング、ポケモンといったキャラクター性豊かなゲームが人気で、家族で楽しめるゲームが多く世界的に人気がある。
この任天堂が、映画事業参入の動きを見せているという。世界の複数の制作会社と、映画の提携交渉を進めているそうだ。キャラクタービジネスを強化することでゲーム人口の増加を狙う目的だという。
任天堂のキャラクターで映画が製作されたことは過去にもあったが、今まではキャラクター使用権を制作会社が任天堂から購入するかたちだった。
君島達己社長は、朝日新聞の単独インタビューに「できるだけ自分たちでやっていきたい」と答えたという。
発信地は日本だけでなく世界市場で、2~3年後には記念すべき1作目の完成を目指す。また、家庭向けビデオ作品を販売するという、映画以外の映像事業も世界で広げていく見通しだそうだ。
ゲームキャラクターの出る映画というと、最近では「ピクセル」が良い例だ。これからの発表を期待したい。