死亡事故も、危険な歩きスマホ

歩きながらスマートフォンの画面を見たり操作したりする「歩きスマホ」が原因の事故が絶えないそうだ。人で混雑する場所での衝突や駅のホームからの転落事故…。消防や鉄道会社、携帯電話会社が注意を呼びかけ続けているが、今月13日には電車にはねられ死亡する事故も発生してしまった。
東京都品川区にあるりんかい線天王洲アイル駅。13日朝、都内の大学に通う20代女性がホームから転落し、走行中の電車にはねられ亡くなったという。警視庁品川署によると、女性はスマホの画面を見ながらホームを横切るように歩いていたそうだ。耳にはイヤホンを付けていたという。
2002年に全線開通したりんかい線でホーム内の事故はこれが2件目だったそうだ。事故を受け、列車を運行する東京臨海高速鉄道は線内7駅のホームに「歩きスマホ 大変危険です」と注意を促すB2判のポスター計28枚を掲示。これまでもホームや車内のアナウンスで注意を促していたが、同社担当者は「痛ましい事故を起こさないために引き続き周知していく」と話しているという。
東京消防庁によると、15年までの5年間に携帯電話やスマホに絡む事故で救急搬送された人は172人。最多は15年の42人だったそうだ。
このうち駅のホームから転落する事故は11年3人、12年1人、13年4人、14年0人、15年5人だったという。13年には小学5年生の男児が携帯電話を見ながらホームから落ち、顔などにけがをする自己があったそうだ。
歩きスマホによる事故は海外でも問題になっている。ひとりひとりが注意して、くれぐれも事故のないようにしてもらいたいものだ。