バリ島沖海戦

日本軍はジャワ島攻略のための飛行場確保を目的として、バリ島の攻略を決めた。攻略に当たる陸軍部隊は、第48師団の一部を抽出した今村亦兵衛少佐指揮の支隊(歩兵1個大隊基幹)となった。1942年2月18日、支隊を乗せた輸送船2隻は第八駆逐隊(阿部俊雄大佐)所属の駆逐艦「大潮」、「朝潮」、「満潮」に護衛され、マカッサル泊地を出航した。途中で駆逐艦「荒潮」とも合流し、19日0015にバリ島サヌール泊地に進入して上陸を開始した。上陸に対して抵抗はなく、未明には日本軍が飛行場を占領した。

アレンの引退後

バットニュースアレンは引退後の1998年1月にはカナディアン・ロッキーズ(アダム&ジェイ)を帯同して新東京プロレスにも参戦したが、同年に膝を手術して現役を引退。その後はカルガリーでショッピングモールの警備員として働きつつ、再興したスタンピード・レスリングのカラー・コメンテーターを務め、若手選手の指導にも携わったのだと言う。

あまりにも早い死を迎えたのは、そこからたかだか10年弱の話である。

ザ・グレートカブキの逸話

1983年、ジャイアント馬場から帰国命令が出たため、全日本に凱旋帰国。帰国後もカブキのギミックのまま全日本プロレスに登場し、アメリカでの活躍もあって人気を得る。専門誌だけでなく一般誌にもとりあげられ、子供向けの本にまで登場し人気は馬場やジャンボ鶴田に引けを取らなかったものの、リング上の格は2人の後に甘んじ、ギャラの面においてもカブキにとっては決して満足のいく扱いではなかったという。

後にムック本のインタビューで、カブキの凱旋帰国シリーズがTV放映権料を除く興行収益で全日本設立以来初の黒字(馬場が欠場していたのにも関わらず)になったり、一般マスコミの取り上げ方やTV出演依頼が殺到したため、馬場を含む先輩レスラー達の嫉妬を買ってしまったことや、映画『カランバ』のプロモーション(映画CMを真似て、腕にロープを巻き、ジープで引っ張ってどこまで耐えられるか、というイベント)についても、映画配給会社がカブキを名指しして依頼が来たために、出演について直前までもめた事が明かされている。

カロル・シマノフスキ

18世紀のポーランド分割によって19世紀当時はポーランドからロシアに割譲されており現在はウクライナに属するティモシュフカで、シュラフタ(ポーランド貴族)の家に生まれた。

父親のスタニスワフ・シマノフスキはポーランド人の裕福な大地主、母アンナはポーランドにやってきたスウェーデン系の移民で、カロルは3番目の子供であった。両親は音楽を愛し、家は芸術家が集まる一種のサロンのようになっていた。こうした環境からか、彼の4人の兄姉妹はいずれも音楽家、画家、詩人といった芸術の道に進んでいる。カロルは、4歳の時、脚に大怪我を負い一時期は歩けないほどであったため、学校へは行かず家庭内で初等教育を受けた。最初にピアノを教えたのも彼の父親であった。

10歳になると、父スタニスワフの従姉妹マリアの夫にあたるグスタフ・ネイガウス(グスタフ・ノイハウス。息子はゲンリフ・ネイガウス)がエリザベトグラード(現在のキロヴォグラード)で開いていた音楽学校に入学した。

依存する睡眠薬

テレビのCMでも軽い睡眠薬や安定剤を堂々とすすめておりますが、副作用の怖さについて知らない人が多いと思います。
カゼ薬や痛み止めなどにも同じことが言えると思いますが、安定剤などが切れたときの不安感、めまい、頭痛、恐怖感、etcなどの副作用、それを止めるためにもう少し強い薬に手をのばしやめたくてもやめられなくなるのをご存知でしょうか。

睡眠薬の恐ろしさ を知り、無理のない方法で入眠できるようにしたいものです。

ブライアンケンドリック

2009年の追加ドラフトによりRAWへ移籍、相棒のエゼキエルはECWに移籍してしまったため、またもやタッグは自然消滅となる。その後コロンズを標的にし、タッグパートナーを探し統一タッグ王座を奪うと宣言していたが、そのままフェードアウト。7月27日のコフィ・キングストン戦を最後に、7月30日付でWWEを解雇された。

2010年からはTNAに参戦し、ミック・フォーリー、ロブ・ヴァン・ダム、レイヴェン、トミー・ドリーマーなどの旧ECW勢が結成したEV 2.0(Extreme, Version 2.0)に加入、リック・フレアー率いるFortuneのAJスタイルズやダグラス・ウィリアムスらと抗争を展開した。

スティーブ・アームストロング

スティーブ・アームストロング(Steve Armstrong、本名:Steve James 、1965年3月16日 – )は、アメリカ合衆国の元プロレスラー。ジョージア州マリエッタ出身。

父親はWWE殿堂者のボブ・アームストロング。WWEレフェリーのスコット・アームストロングと元WCWライトヘビー級王者のブラッド・アームストロングは兄、元WWF世界タッグ王者の “ロード・ドッグ” ジェシー・ジェームズことブライアン・アームストロングは弟である。

豊登

1954年10月、大相撲の先輩、力道山率いる日本プロレスに入団、11月千葉県茂原市にて、宮島富雄を相手にデビュー。1956年10月、全日本ウェート別選手権に出場し準決勝進出、頭角を現す。

その後力道山のタッグパートナーとして海外遠征に帯同したことで実力をあげ1960年6月7日、第3代アジアタッグ王者につく。同王座は力道山の死後吉村道明、ジャイアント馬場とともに数回獲得した。

1963年の力道山の死を受け、1965年には日本プロレスの2代目社長に就任。

ヒロマツダ

日プロへのスポット参加を経て、1973年から1976年までは全日本プロレスに時々参戦した。1975年にはオープン選手権および力道山十三回忌追悼興行に参加、国際プロレスのマイティ井上を相手にNWA世界ジュニアの防衛戦を行っている。1978年11月にはプレ日本選手権参加のため新日本プロレスに登場。

上田馬之助、マサ斎藤、サンダー杉山らフリーの日本人レスラー達と結成した狼軍団のリーダーとなり、新日本プロレスの反体制勢力として活躍した。プレ日本では猪木と優勝戦を闘い、翌1979年4月には斎藤とのコンビで北米タッグ王座を獲得した。後にマサ斎藤の誘いで長州力率いる維新軍に加わり、スポット参戦ながら軍団に影響力を与える。

ローランボック

1981年夏、新日本プロレスへの初参戦(『サマー・ファイト・シリーズ』後半戦への特別参加)が実現。血栓症の治療中は一切のトレーニングが行えなかったこともあり、肉体的にもベスト・コンディションではなかったものの、木村健吾や長州力をダブルアーム・スープレックスで短時間で料理し、センセーショナルな日本マット登場を果たした。シリーズ中は猪木と対戦することはなかったが、最終戦の猪木対マスクド・スーパースター戦において、試合前にリング上で猪木との再戦をアピール。

その際、ボックの握手を拒否したスーパースターと一触即発の状態になるという一幕も見られた。同年暮れの再来日(『第2回MSGタッグ・リーグ戦』終盤戦への特別参加)でもラッシャー木村やタイガー戸口を下し、12月8日の蔵前国技館大会ではスタン・ハンセンとタッグを組んで猪木&藤波辰巳から勝利を収めている。