漱石、「俳友皆無」嘆く手紙

夏目漱石が松山で尋常中学の教師を務めていた頃の俳友、村上霽月に熊本から送った手紙が大阪市内で見つかったそうだ。旧制五高教師として熊本に赴任して約10か月後の1897年2月に書かれ、松山と違って「俳句を楽しむ友人もほとんどおらず嘆いている」と率直な心情を吐露している。全集未収録の2句を含む俳句も添えられている。
手紙は大阪市内の古物商が入手。封書には明治30年の消印が押され、宛名は霽月の本名「村上半太郎様」、裏面には「二月十七日 夏目金之助」とある。30行以上にわたる文章と俳句26句がつづられていた。
漱石は松山市で1年ほどの勤務を経て96~1900年、熊本に在住。この間、生涯に作った俳句の4割にあたる約1000句を詠んだ。ところが、この手紙では「熊本と申す処は俳句抔(など)咏じて楽しむ所では無之候(これなくそうろう) 夫(それ)に俳友も殆んど皆無の有様……」などと記述。寂しさを訴え、松山時代の前からの友人、正岡子規や、霽月らと俳句に楽しんだ日々を懐かしむ思いが強調されている。霽月は、漱石から手紙を受けた97年に伊予農業銀行を設立、頭取に就業した実業家だ。
漱石に詳しい早稲田大の中島国彦教授は、「筆跡は漱石のものに間違いない」としたうえで「手紙を出した時期は、熊本での新しい俳句仲間ができる前。漱石にとって霽月は、文学者とは違って率直な付き合いができたのだろう」と分析する。
また、手紙に添えられた26区のうち24句は、同時期に子規にも句稿の形で送っており、岩波書店の「漱石全集」に掲載されているという。未収録の2句は「蒲団薄く無に若かざる酔心地」「昼の中は飯櫃包む蒲団哉」。中島教授は「日常の風景を色濃く描写した句で、他の作品に比べてやや軽いといえる。子規に送るのはためらいがあったのでは」と推測している。
気の置けない友人にだけ漏らした弱音と何気ない日常を詠んだ俳句に、漱石の人間臭さがうかがえる。

イチロー、早くも再契約

シーズン最終戦から2日後の10月7日、メジャーリーグのマーリンズは、イチロー外野手と1年契約を更新したことを発表した。
昨年FA選手になったイチローの所属が決まったのは、年明けの1月28日。
今回はプライスら大物FAら先駆けて、FA選手で一番乗りの契約決定となった。
この一報はアメリカでも大きく取り上げられた。それは、タイミングが極めて異例だからである。
本来、今月中に42歳を迎えるベテランが安打91本、打率.229に終わった場合、その処遇はキャンプ寸前まで不透明なのがふつう。
場合によってはマイナー契約やキャンプ招待選手の立場になることもあるだろう。しかし、イチローがこんなに早く再契約を結んだ背景には、メジャー3000本安打と将来殿堂入りという手形が背景にあることは確かなのである。
メディアによると年俸は、据え置きの200万ドル(約1億4000万円)。
ビジネスと戦力の両面を考えたとしても球団にとしては、お買い得な値段なのである。

レスリング会長、謝罪し丸刈り

レスリングの世界選手権代表が14日、米ラスベガスでの大会を終えて成田空港着の航空機で帰国した。13連覇の吉田沙保里ら女子とは対照的に、男子はフリー、グレコともに5位以内のリオデジャネイロ五輪出場枠を獲得できなかった。史上最低の結果に、日本協会の福田富昭会長は頭を丸めて帰国会見に登場。「男子は1つも五輪出場枠を取れなかった。強化費など公の金をいただいている。非常に申し訳ない」と懺悔した。
男子の低迷について福田会長は体力、技術以前の格闘精神の不足を指摘。「素質がある選手はたくさんいる。やれるのにやれなかったことに問題がある。気持ちで逃げている。恐怖心を乗り越えないといけない」と続けた。かつてレスリングではライオンとにらめっこや、ハブとマングースの戦いに闘争心を学ぶなどユニークな練習を取り入れてきた。「直接、ガンガン指導する」と福田会長。来年リオに向けて精神力を鍛え直す新たなトレーニングを導入する意向だという。
ライオンとにらめっこしたり、ハブとマングースの戦いを見ることが本当に格闘精神の鍛錬につながるのかどうかはわからないが、新たなトレーニング法で強くなって、次のオリンピックで活躍してくれることを期待したい。

新駅名の「北干住」?

東京都の足立区にある、東京メトロ千代田線・北千住駅で駅名を記したパネルが「北干住」と誤って表示されていたことがわかった。
29日から「干」の上に「千」の文字を貼って修正をしていたが、SNS上では誤植を指摘する書き込みが殺到した。
これを受け、東京メトロは「完全にチェックミスです」と謝罪する一方、「こんなに話題になるとは思わなかった」と困惑を隠せない状況でいる。8月中には正しい表記のパネルを設置する予定ととこと。
パネルを付け替えたのは6月30日~7月6日の間、ホームから線路を挟んだ壁に設置している駅名の電光パネルの27枚を新調。
21日に、同駅を通過した運転士が誤植に気付き報告した。
同社はすぐに正しいパネルを発注したが、そもそもなぜ誤植してしまったのかは謎のままだという。
言わなければ気づかないような誤植ミス。無駄な経費がかかってしまうのは間違いない。

Android版Officeが正式公開

米Microsoftは24日、Androidスマートフォン向けOfficeアプリを正式にリリースした。提供するのはWord、Excel、PowerPoint。対応OSはAndroid4.4以上だが、Android Mはサポートしないそうだ。
Officeドキュメントの閲覧・作成・編集などの基本機能が利用でき、PCやスマートフォンなどデバイスを移動しても書式やデータは保持されるそうだ。Wordでは変更内容の記録やコメントの挿入が可能。PowerPointでは画像やアニメーションをドキュメントに追加できるほか、プレゼンテーション中のハイライトが表示できる。
ファイルはクラウドストレージから参照・保存が可能。OneDrive、OneDrive for Business、SharePointのほか、Google Drive、Box、Dropboxといった外部のクラウドストレージが利用できるという。
基本機能は無料で利用できるが、高度な機能を利用する場合や、10.1インチ以上のタブレットでのドキュメント作成・編集を行う場合は、Office 365の有料ライセンスが必要となるそうだ。また、アプリの無償利用は非営利目的に限るとしており、商用利用の場合もOffice 365の有料ライセンスが必要となるとのこと。
Microsoftでは5週間前にプレビュー版を公開し、1900種類のAndroid端末、83の国でユーザーテストを実施。Sony、Samsung、LGなど30以上のパートナー企業と連携し、OfficeアプリをAndroidスマートフォンにプリインストールするとしている。プリインストールモデルは今年の後半ごろにリリース予定だそうだ。
いよいよスマホでOffice系のソフトが使えるようになると思うと、便利な反面常に仕事をしないといけなくなってしまうのではないだろうか…。

スマホの熱中症に注意

人間の熱中症は気温と湿度の高い環境下で体温の放熱が追いつかず、各種の機能障害を引き起こす危険な状況を指す。
近年はスマホにもトラブル、故障、寿命の低下などにつながる熱中症の恐れがあるという。
スマホ本体が「熱い」と感じる状態で使い続毛ている人も多いのではないだろうか?すぐに故障には至らなくても、高温のまま使用を続けると内部の部品が劣化して、寿命を縮めてしまう原因になる。これが「スマホの熱中症」だ。
最近はスマホが高機能化し、メール、ゲーム、動画視聴、ナビなどあらゆる用途に使用している人も多いだろう。また高機能化が進むなか、薄型化も進んでいる。内部には部品が所狭しと凝縮され、CPUをはじめとする電子部品が発生した熱を逃がせるスペースがない。また、防水の観点から通風口もない。近年の高機能化と薄型化がスマホの熱中症を引き起こしやすくしているのだ。
スマホの熱中症の対策としては、スマホが熱くなったらカバーを外すなどして温度を下げること、一度使用を中断して休ませることが重要。注意しないといけないのはすぐに冷やしたいからと言って氷などで冷やしたりしないこと。氷で冷やそうとすると、スマホ内部に結露が生じ故障の原因となる場合がある。スマホを長く使うためにも適度な使用を心がけることが大切だ。

カルビーが筒入りポテチ参入

カルビーが今年の秋、筒入りポテトチップスを発売すると発表した。カルビーと言えば発売40周年を迎えた袋入りポテトチップスで知られているが、筒入り型を発売するのは初めてとのこと。価格などの詳細は今後発表予定で、年間売上100億円、シェア43%を目指しているそうだ。
発売する筒入りポテチ「ポテトチップス クリスプ」はうすしお味、コンソメパンチ味、の2種類で、S・Lの2サイズ。カルビーの伊藤秀二社長は、東京都内で開かれた「2015ポテトチップス事業戦略発表会」で「既存のビジネスの成長を継続し、常に新たなジャンルに挑戦していきたい。携帯性に優れた筒入り型に、長年培ったノウハウを投入したい。ナンバーワンから断トツのナンバーワンを目指す」と話したそうだ。また松本晃会長は「カルビーはしっとりした商品を作らせるとヘタで、失敗したものもある。材料から水分をとって、良い食感を作ることが強み。食感で世界一を目指したい」と意気込みを語った。
筒入りポテチと言えば「チップスター」や「プリングルス」などがあるが、確かに今までカルビーからは出ていなかった。新たにカルビーが参入することで他のメーカーの商品戦略も変わってくるのだろうか?

ドレスの色

英国の小さなアパレルチェーンが売り出したドレスが、見る人によって黒と青に見えたり白と金に見えたりすると話題になり、売り上げが激増しているそうだ。話題のドレスは英ローマン社がウェブサイトなどを通じて販売中のもの。2月27日の時点で売り上げは347%増を記録したという。同社のファッションディレクター、ミシェル・バストック氏はこのドレスを着てCNNの番組に出演し、本当の色は「ロイヤルブルーに黒いトリミング」だと明かした。この度の反響を受けて白と金のドレスも売り出すことにしたそうだ。ただ、発売までには半年かかる見通しとのこと。同社のホームページではこのドレスをトップに掲載したそうだ。バストック氏は反響の大きさに「本当に驚き、うれしく思っている」と語り、ウェブサイトは需要の急増にも十分対応できており、在庫も豊富にあるとのこと。値段は1着50ポンド、日本円にすると約9,200円だ。青と黒以外のカラーバリエーションもある。
ドレスの色をめぐる論争は、ソーシャルブログサービス「タンブラー」に掲載された、本当の色を教えてほしいという投稿をきっかけに火が付いたそうだ。人によってドレスの見え方が違うことは、人間が色を認識する方法が関係しているそうだ。ドレスが黒と青に見える人は、その写真が過度に露光されている、つまり光が強すぎると見ている。そのため網膜による補正後にドレスの色が暗く見えている。一方白と金に見える人は、露光が不十分である、つまり光が弱すぎると見ているので、網膜による補正後にドレスの色が明るく見えるのだそうだ。人によってここまで意見が分かれるというのは珍しいことなのだそうだ。何とも不思議で面白い現象だ。

いつもの布団で暖かく眠るコツ

1月の下旬となりましたが、まだまだ寒い日が続きます。これから2月となり、一年でも最も寒い季節が訪れようとしています。
こんな寒い冬、夜眠るときは毎晩、嫌になっちゃいますよね。暖房をつけっぱなしで眠ると乾燥するに加え、電気代も馬鹿になりません。
なので暖房を器具をつけっぱなしで眠るのは避けたいもの。
ここでカンタンにできる、いつもの布団で暖かくして眠るコツをご紹介します。
毛布は掛けて使用していませんか?
敷き布団、毛布、掛け布団を使って、寝ている方の場合、毛布の場所によって暖かさが異なることをご存知でしょうか?
この毛布を敷き布団の上に敷き、その上に寝て掛け布団をかけるのが一番暖かく眠ることが出来るというのです。
毛布と掛け布団の間に入るようにして眠るのは意外ですよね。一般的に多いのが、身体の上に毛布を掛けて、その上に掛け布団をかけて眠る方が多いと思います。毛布の位置を変えるだけで、暖かく眠れるので今日から

ようかい体操

楽天のファン感謝デーで、毎年恒例の新人選手の仮装パフォーマンスで松井裕選手が人気アニメ「妖怪ウォッチ」のジバニャンのコスプレをして「ようかい体操第一」を披露したそうだ。写真を見ると、白塗りにボサボサのオレンジのウィッグ姿…どう見てもジバニャンには見えない。何か違う妖怪みたいだ。ダンスはキレがあって好評だったようだ。

一方日本ハムの谷口選手は女装してサンタクロース姿で「ファンフェスティバル2014」に登場。以前から女優・剛力彩芽に似ていると評判だったこともあり、完成度の高い可愛らしい姿にチームメイトも騒然としたようだ。野球選手と言えど、こうしたファン感謝イベントで色々なことをするんだな。