古文書が読める?

「読めない字を解読します。」漢字の画像を入力すると、木簡や古文書の中からよく似た字を探し出してくれるシステムの運用が25日から始まったそうだ。奈良文化財研究所と東京大史料編纂所が共同で開発。そうしたシステムは初めてで、研究者だけでなく一般の人もインターネットで無料活用できるという。
両機関はこれまで、漢字入力によって木簡や古文書の文字を検索できる、2つのデータベースを共同で運用してきたそうだ。今回、それらのDBを援用。知りたい漢字1文字をデジタルカメラで写すなどして画像ファイルにし、HPの所定欄に入れると似た漢字の画像と出典、楷書体の漢字が表示される仕組みだという。
収録しているのは主に奈良時代の木簡の約650字と、奈良~江戸時代の手紙や記録、書物などの約5800字。代表的な漢字を選んだという。
「似ている度合い」を機械的に判断するため、人の目では似ていると思えない字が示され、判読につながる可能性があるという。
編纂所の井上聡助教は「古文書の解読に取り組む方々から問い合わせをいただくこともあるが、なかなか応じきれなかった。最先端の研究から趣味まで、広く役立つと思う」と話す。
画像で感じが判読できるというのは便利だ。古文書の解読以外にも使えそうだ。

雪不足、わずか18日間でスキー場終了

今冬は、暖冬による雪不足で全国のスキー場など観光地が悲鳴をあげていた。湖が凍らないのでワカサギ釣りができない、雪が足りないので人口雪をふらせたスキー場もあった。営業開始が大幅に遅れたスキー場も多い。
例にもれず雪不足だった兵庫県宍粟市波賀町戸倉「ばんしゅう戸倉スノーパーク」は、昨季より約2週間早い3月1日で営業終了としたいう。リフトが動かせたのはわずか18日間。入場者数は7030人で、記録が残っている1978年以降で最少の年となった。
同スキー場では、まず約1カ月遅い営業開始となった。リフトの運行を始めても寒気は続かず雪が不足し運休。後に運行を再開したが、高域には雪が少なく、ゲレンデ下の子ども向けスペースだけ開放する形となってしまった。このため、全体営業日数は41日間。
最終日は久々の大雪で、新雪が約30センチ積もった。しかし今後も気温の上昇が見込まれるためリフトは動かさず、営業終了の予定は変えなかった。子供たちは新雪に大喜びし、遊びまわった。
広瀬豊支配人は「お客さまにも従業員にも申し訳ない年だった。教訓を生かし、雪不足に対応できるゲレンデに改良したい」とコメントした。
スキー場は冬でなければ営業できないので、この冬は相当痛手となっただろう。寒すぎるのも問題だが、次の冬はもっと雪が降るといいのだが。
 

有村架純、授賞式緊張でスピーチ飛ぶ

第58回ブルーリボン賞の授賞式が2月9日、東京都にある、霞が関のイイノホールで行われました。
その授賞式で、主演女優賞の有村架純は、緊張のあまりスピーチが飛んでしまうというハプニングに見舞われました。
主要な映画賞は初めての受賞となる、有村架純。
大人っぽい黒いドレス姿で壇上に立つと「何を話すか忘れちゃいました・・・」と声を震わせました。
「(同賞が)大きすぎて実感できない」と続けて話しました。
「ビリギャル」に親子役で共演した吉田羊とは、別のスタジオで会い、「今日は楽しみだねって話しをしていました。”ビリギャル”はいろんな奇跡を起こしてくれる作品です」と、出世作がもたらした幸運に感謝をしていました。
有村架純の今後の活躍にも期待したいですね。

ドラクエが40万人動員ツアー

今年誕生30周年を迎える人気ゲームシリーズ『ドラゴンクエスト』が今夏、ゲームの枠を飛び越えた全国5大アリーナをめぐる超大型エンターテインメントショー『ドラゴンクレスト ライブスペクタクルツアー』を開催することが20日、都内で行われた会見で発表されたそうだ。”日本初のオリジナルアリーナショー”として、全国5都市で40万人を動員予定。主人公である勇者、盛り上げ役のトルネコは後日オーディションで選ぶそうだ。
ショーのベースは、社会現象を巻き起こした『ドラゴンクエスト3 そして伝説へ…』。魔王討伐に挑む伝説の勇者を中心に、他のナンバリングタイトルの人気キャラクターからおてんば王女の武闘家アリーナ、孤高の剣士テリー、元山賊ヤンガス、放浪の芸人パノンが参戦決定。各々が”ワケあって”『3』の世界に迷い込んだという設定だそうだ。関係者によると、他にもおなじみのキャラがシリーズの垣根を超えて多数登場するという。
巨大なアリーナ会場をキャンバスに、最新映像テクノロジーや世界トップパフォーマーの身体芸術、すぎやまこういち氏の音楽を全国の高校から選抜された強豪マーチングバンドが演奏するなど、さまざまなパフォーマンスが融合。ゲームの世界に飛び込んだかのような空間に加え、「観客自身が主人公だと感じられる演出を駆使した日本では新感覚となる観客参加型ライブエンターテインメント」となるという。
一足早くプロモーション映像も公開され、シリーズ生みの親でもあるゲームデザイナー堀井雄二氏は「僕自身も早く観てみたい。打ち合わせの時よりもよくなっているみたいだし、楽しみにしています」と満面の笑み。
同公演は7月22日~31日のさいたまスーパーアリーナを皮切りに、8月5日~7日にマリンメッセ福岡、12日~14日に名古屋・日本ガイシホール、18日~22日に大阪城ホール、26日~31日に横浜アリーナと、全国5都市39公演で約40万人を動員予定とのこと。一体どんなイベントになるのか楽しみだ。

若者だけではない…「大人のひきこもり」問題

これまでひきこもりというと、若者の問題とされていた。しかし、ひきこもりは長期化・高齢化してきているという。こうした高齢化問題を受けて、ひきこもりとは、全く自室や部屋から出ないことを指すのではなく、家族以外とのかかわりが全く途絶えてしまった社会から孤立した状態のことを指すのだそうだ。
ひきこもりを題材として扱うジャーナリストの元には、毎日SOSメールが届くという。内容は、行き場がない、周囲の視線が気になって人目を避けてしまう、将来が見えないなどと共通している。ひきこもり状態に陥るには、いじめや受験・就活の失敗、失業、親の介護や自身の病気など様々な理由があるとされている。これは誰にとっても起こり得ることであり、大切なのはひきこもりになった理由ではなく、ひきこもり状態を抜けられない検証であるとジャーナリストは記していた。
学校や社会で傷つけられてきた当事者たちは、自分の生命や尊厳を防御するために回避を繰り返し、やがて諦めて安全な空間に引きこもる。しかし、メールで助けを求めているということは、再び社会との関係性をつくろうと、勇気を出して動き出そうとしているという。
内閣府のひきこもりに対する調査では、2010年の時点で、全国に約70万人、予備軍含め225万人とされていたが、これは15歳から39歳までの若者層のデータなのだそうだ。現に、この調査でも最も多かったのは35歳から39歳の層で、ひきこもりの高齢化が浮き彫りになった。
ジャーナリストは、動き出そうする大人の引きこもりに社会から手を差し伸べることが大切だという。ひきこもりの当事者や彼らを支える家族のことを、社会は見なかったことにしてはいけない。

五輪エンブレム応募に1万4599件

東京オリンピック・パラリンピック組織委員会は12月7日正午に締め切った五輪エンブレムの応募総数が1万4599件だったことを発表しました。同委員会は今後、作品の絞り込みを行って、来春までにはエンブレムの決定を目指すといいます。
エンブレム委員会の宮田亮平委員長は、「本日12時、エンブレムの応募受付を締め切りました。1万4599件のご応募をいただきました。まずはこれだけ多くの方に参画してもらったことに深く感謝しております。こうした皆さん一人ひとりの熱い思いが、2020年のオリンピック・パラリンピックの成功に向けて大きな力になるものと信じています!」と、力強くコメントを発表しました。
2020年五輪のエンブレムについては当初、7月24日にアートディレクターである、佐野研二郎氏のデザインが発表されていましたが、その後、同エンブレムや同氏の他のデザイン作品に「盗用疑惑」が持ち上がり、9月に白紙撤回となりました。
その後、組織委員会はエンブレム委員会を立ち上げて、新たな応募規定、選考方法などを議論をし、新エンブレムの応募を開始していました。

漱石、「俳友皆無」嘆く手紙

夏目漱石が松山で尋常中学の教師を務めていた頃の俳友、村上霽月に熊本から送った手紙が大阪市内で見つかったそうだ。旧制五高教師として熊本に赴任して約10か月後の1897年2月に書かれ、松山と違って「俳句を楽しむ友人もほとんどおらず嘆いている」と率直な心情を吐露している。全集未収録の2句を含む俳句も添えられている。
手紙は大阪市内の古物商が入手。封書には明治30年の消印が押され、宛名は霽月の本名「村上半太郎様」、裏面には「二月十七日 夏目金之助」とある。30行以上にわたる文章と俳句26句がつづられていた。
漱石は松山市で1年ほどの勤務を経て96~1900年、熊本に在住。この間、生涯に作った俳句の4割にあたる約1000句を詠んだ。ところが、この手紙では「熊本と申す処は俳句抔(など)咏じて楽しむ所では無之候(これなくそうろう) 夫(それ)に俳友も殆んど皆無の有様……」などと記述。寂しさを訴え、松山時代の前からの友人、正岡子規や、霽月らと俳句に楽しんだ日々を懐かしむ思いが強調されている。霽月は、漱石から手紙を受けた97年に伊予農業銀行を設立、頭取に就業した実業家だ。
漱石に詳しい早稲田大の中島国彦教授は、「筆跡は漱石のものに間違いない」としたうえで「手紙を出した時期は、熊本での新しい俳句仲間ができる前。漱石にとって霽月は、文学者とは違って率直な付き合いができたのだろう」と分析する。
また、手紙に添えられた26区のうち24句は、同時期に子規にも句稿の形で送っており、岩波書店の「漱石全集」に掲載されているという。未収録の2句は「蒲団薄く無に若かざる酔心地」「昼の中は飯櫃包む蒲団哉」。中島教授は「日常の風景を色濃く描写した句で、他の作品に比べてやや軽いといえる。子規に送るのはためらいがあったのでは」と推測している。
気の置けない友人にだけ漏らした弱音と何気ない日常を詠んだ俳句に、漱石の人間臭さがうかがえる。

イチロー、早くも再契約

シーズン最終戦から2日後の10月7日、メジャーリーグのマーリンズは、イチロー外野手と1年契約を更新したことを発表した。
昨年FA選手になったイチローの所属が決まったのは、年明けの1月28日。
今回はプライスら大物FAら先駆けて、FA選手で一番乗りの契約決定となった。
この一報はアメリカでも大きく取り上げられた。それは、タイミングが極めて異例だからである。
本来、今月中に42歳を迎えるベテランが安打91本、打率.229に終わった場合、その処遇はキャンプ寸前まで不透明なのがふつう。
場合によってはマイナー契約やキャンプ招待選手の立場になることもあるだろう。しかし、イチローがこんなに早く再契約を結んだ背景には、メジャー3000本安打と将来殿堂入りという手形が背景にあることは確かなのである。
メディアによると年俸は、据え置きの200万ドル(約1億4000万円)。
ビジネスと戦力の両面を考えたとしても球団にとしては、お買い得な値段なのである。

レスリング会長、謝罪し丸刈り

レスリングの世界選手権代表が14日、米ラスベガスでの大会を終えて成田空港着の航空機で帰国した。13連覇の吉田沙保里ら女子とは対照的に、男子はフリー、グレコともに5位以内のリオデジャネイロ五輪出場枠を獲得できなかった。史上最低の結果に、日本協会の福田富昭会長は頭を丸めて帰国会見に登場。「男子は1つも五輪出場枠を取れなかった。強化費など公の金をいただいている。非常に申し訳ない」と懺悔した。
男子の低迷について福田会長は体力、技術以前の格闘精神の不足を指摘。「素質がある選手はたくさんいる。やれるのにやれなかったことに問題がある。気持ちで逃げている。恐怖心を乗り越えないといけない」と続けた。かつてレスリングではライオンとにらめっこや、ハブとマングースの戦いに闘争心を学ぶなどユニークな練習を取り入れてきた。「直接、ガンガン指導する」と福田会長。来年リオに向けて精神力を鍛え直す新たなトレーニングを導入する意向だという。
ライオンとにらめっこしたり、ハブとマングースの戦いを見ることが本当に格闘精神の鍛錬につながるのかどうかはわからないが、新たなトレーニング法で強くなって、次のオリンピックで活躍してくれることを期待したい。

新駅名の「北干住」?

東京都の足立区にある、東京メトロ千代田線・北千住駅で駅名を記したパネルが「北干住」と誤って表示されていたことがわかった。
29日から「干」の上に「千」の文字を貼って修正をしていたが、SNS上では誤植を指摘する書き込みが殺到した。
これを受け、東京メトロは「完全にチェックミスです」と謝罪する一方、「こんなに話題になるとは思わなかった」と困惑を隠せない状況でいる。8月中には正しい表記のパネルを設置する予定ととこと。
パネルを付け替えたのは6月30日~7月6日の間、ホームから線路を挟んだ壁に設置している駅名の電光パネルの27枚を新調。
21日に、同駅を通過した運転士が誤植に気付き報告した。
同社はすぐに正しいパネルを発注したが、そもそもなぜ誤植してしまったのかは謎のままだという。
言わなければ気づかないような誤植ミス。無駄な経費がかかってしまうのは間違いない。